プレフェミン

MENU

プレフェミンの効果や成分、効果的な飲み方やお得な通販情報

プレフェミン 画像

 

プレフェミンは生理前のイライラや頭痛、乳房が張って痛いなど
さまざま心と体の変調を改善してくれる医薬品です。

 

日本初のPMS市販治療薬である、1日1回1錠ずつでOKという手軽さもあり、
多くの女性に選ばれている人気のお薬です。

 

プレフェミン 画像

 

古くから女性特有の悩みや症状の改善に使用されてきたハーブの
チェストベリーを有効成分としているため、体に負担なくやさしく
働きかけてくれます。

 

 

プレフェミンの効果や成分

 

婦人科系疾患に有効な西洋ハーブ

 

プレフェミン 画像

 

プレフェミンの主な有効成分である「チェストベリー」は、古くから
ヨーロッパで婦人科系の疾患治療に使われてきた伝統的な西洋ハーブです。

 

地中海沿岸地域に自生する果実で、生理前の不調(PMS)や生理不順、
乳房痛に効果があることが欧州薬局方などで認められています。

 

 

プレフェミンの臨床試験結果

 

プレフェミン 画像

 

プレフェミンは継続的な服用により効果があることが認められており、
3周期分服用した場合の、PMS症状への有効性を試験した臨床結果は
以下の通りとなっています。

 

乳房の張り…改善率78.2%
頭痛…改善率90.0%
いらいら…改善率83.0%
怒り…改善率90.2%
抑うつ気分…改善率84.6%
肌荒れ…改善率82.1%
疲労倦怠感…改善率88.5%

 

 

プレフェミンがおすすめの方

 

プレフェミンは生理前に無性にイライラする、ネガティブになってしまう、
むくみがひどい、胸が張るといったあらゆる心身の不調を感じやすい人に
おすすめです。

 

その他にも、頭痛、肌荒れ、のぼせ、不眠、異常な眠気、気分変調なども
PMSの症状だとされていますので、当てはまる人はお試し下さい。

 

 

プレフェミンの飲み方や副作用について

 

プレフェミンの効果的な飲み方

プレフェミン 画像

 

1日1回、1回1錠を水やお湯で飲むようにして下さい。
飲み忘れを防止するために、毎日同じ時間やタイミングで飲むことが
推奨されています。
ただし、18歳未満の服用は避けて下さい。

 

服用開始後、1か月程度で症状の改善を自覚できる可能性がありますが、
体質や症状により個人差があります。

 

 

プレフェミンの副作用の危険性は?

プレフェミン 画像

 

妊娠中、授乳中の服用は控えましょう

妊娠中の服用に関しては、安全性が現時点では確立されていないので
妊娠に気付いたらすぐに中止するようにして下さい。

 

過剰摂取には注意

医薬品のため、用法用量を守って飲むことが基本ですが、特に
過剰摂取にはお気を付けください。

 

副作用が心配な方は医師にご相談を

プレフェミンは副作用が少なく、継続的に服用しても問題のない
安全性の高い医薬品ですが、体調がデリケートな方や心配な方は
医師や薬剤師に相談しながら服用するようにして下さい。

 

次のような方は事前に医師への相談を

生理不順の症状が重い、うつ病の診断を受けたことがある、
月経周期に関係なく乳房の張りやしこりがある、
PMS、生理痛の症状が重く日常生活に支障がある場合など。

 

 

プレフェミンの通販情報

プレフェミン 画像

 

通常価格(税込)

1,944円

内容

30錠(約1か月分)/錠剤(医薬品)

 

 

プレフェミン

 

 

プレフェミン 口コミ  生理不順に効くサプリメント・薬 ランキング